実践科目 概要

<コア実践科目>

 

 ジャーナリズムコース(J-School)は、自らの手で時代を切り拓くことのできる、真にプロフェッショナルなジャーナリストの養成をめざします。ジャーナリストの使命と倫理を学び、実践的なスキルを身に着けるための実習プログラムは、J-Schoolの最も大きな特徴の一つです。専門知をそなえ、「鳥の目」で歴史の現実を切り取ることのできる高度な職業人。現役の記者や経験豊富なジャーナリストらを講師陣に多彩な実習授業を用意し、即戦力をつちかうことを目標にします。

 実習プログラムのコンセプトは次の通りです。

 

(1) 取材・表現の基本的な手法を現場主義で徹底的に習得する。

(2) ビデオ・ジャーナリズムやウェブなど、個のジャーナリストとして活動するために必要な手法を積極的に学ぶ。

(3) ジャーナリストの使命と倫理を体得する。

(4) 実習での作品を自前のウェブサイトなどで発表していく。

 

 <コア実践科目>は、基本編の「ジャーナリズム実習」と、メディア別の応用編である「メディア制作実習」、そして「インターンシップ」という3つの柱で構成されます。

 

・ジャーナリズム実習

 

「ニューズルーム」

 少人数クラスに分かれ、取材と記事作成の基本を実践で習得します。講師は全員ジャーナリスト。実習室をニューズルーム(編集室)とし、各講師が編集長やデスク役となって、受講生に取材・執筆について丹念に指導します。受講生は授業時間外での取材活動が求められます。J-Schoolの最も基本的な授業です。作品はウェブなどに掲載していきます。

 

「文章表現」

 文章指導に定評のある実務家や早稲田の教員が、読む人に伝わる文章の書き方について講義します。2011年度は近藤勝重講師(毎日新聞)と坪井善明教授(政治経済学術院)が担当します。

 

・メディア制作実習

 作品制作を通じて、各メディアの実践的なスキルを習得します。21世紀を見据え、ビデオ・ジャーナリズムやインターネット放送、ウェブ・ジャーナリズムといった新しいタイプのメディアを重視します。もちろん、写真報道や雑誌編集、ノンフィクション、調査報道といったジャンルもきめ細かく指導していきます。

 

・インターンシップ

 夏休みの期間などに原則2週間のインターンシップを実施します。メディア企業やその他のフィールドに出向き、じかに物事を見聞きし、現場に根ざした視点を養成していきます。