谷口 智彦

Name TANIGUCHI, Tomohiko
氏名 谷口 智彦
専門分野 国際政治経済学、外交(パブリック・ディプロマシー含む)、メディア研究、戦略論
担当科目 パブリック・リレーションズ
略歴 元外務副報道官(外国メディア担当)、外務省広報文化交流部参事官(パブリック・ディプロマシー担当)、外交スピーチを担当
元日経ビジネス誌記者、編集委員、ロンドン特派員
ロンドン外国プレス協会会長
現在明治大学国際日本学部客員教授、慶應義塾大学大学院SDM研究科特別招聘教授、埼玉学園大学大学院客員教授を兼任
JBPRESSほかでコラムを執筆中

現在の活動や
関心のあるテーマ

パブリックディプロマシー、国際通貨体制、同盟論、日本外交論
過去の業績 日本の立ち位置がわかる国際情勢のレッスン
同盟が消える日―米国発衝撃報告
通貨燃ゆ―円・元・ドル・ユーロの同時代史
上海新風―路地裏から見た経済成長
オバマのアメリカ・どうする日本(共著)
タテ読みヨコ読み世界時評
戦略的資本主義―日本型経済システムの本質(訳)
Japan's banks and the "" bubble economy "" of the late 1980s
 
学生に一言 このような略歴と関心の講師が、パブリックリレーションズを扱うので、電通や博報堂の人のようにはいきません。しかしPRという窓を通して歴史や国際関係を見、発信の実務に触れていくと、意外な沃野が見えてきます。いつも少人数。その良さを生かし、どしどし発言してもらっています。ノウハウはなんなら会社に入ってからつければよろしい。その前に、面白がり屋になって発信を厭わぬ人になりましょう。
研究者データベース  
WEBサイト等 facebook 
LinkedIn