ファクトチェック研究会「アジアにおける誤情報・偽情報とファクトチェック 最新の動向」を10月19日(土)15時30分から開催

ファクトチェック研究会「アジアにおける誤情報・偽情報とファクトチェック 最新の動向」

 

講師:鍛治本正人氏(香港大学ジャーナリズム・メディア研究センター准教授、早稲田大学次世代ジャーナリズム・メディア研究所招聘研究員)

ゲスト:古田大輔氏(ジャーナリスト / メディアコラボ代表、FIJアドバイザー)

日時:10月19日(土)15:30~18:00(開場15:00)

会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館4階405教室

参加:無料

申込:申込フォーム

主催:早稲田大学次世代ジャーナリズム・メディア研究所

共催:NPO法人ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)

 

開催趣旨:アジア各国でファクトチェック活動が活発になりつつある。香港をはじめアジア各国のファクトチェック事情に詳しく、国際ファクトチェックネットワーク(IFCN)加盟申請団体を調査する第三者審査員の一人でもある鍛治本正人・香港大学准教授に、アジアにおけるファクトチェック活動の実情と展望についてお話いただく。また、バズフィード・ジャパン創刊編集長としてファクトチェックに積極的に取り組み、アジアファクトチェックフォーラム(10月、台北)に参加した古田大輔氏にもご報告いただく。

 

※本研究会は、科研費・基盤研究(B)「実効性ある偽情報・誤情報対応策としてのファクトチェック・システムの構築」(研究代表者:瀬川至朗)の支援を受けて開催いたします。