180422_sympo_2-1024x577
FIJ設立記念ファクトチェック・シンポジウム「『ポスト真実』時代におけるファクトチェックの可能性」を2018年4月22日(日)、早稲田大学国際会議場で開催【参加無料・要申し込み】

早稲田大学ジャーナリズム大学院は、FIJ設立記念ファクトチェック・シンポジウム「『ポスト真実』時代におけるファクトチェックの可能性」を4月22日(日)、NPO法人 ファクトチェック・イニシャティブ(FIJ)と共同で開催します。

米国のファクトチェック団体PolitiFactのアーロン・シャロックマン事務局長が「トランプ政権とメディア~ファクトチェッカーが対峙する『フェイクニュース問題』」と題する基調講演をおこなうほか、日本でのファクトチェック実践の紹介やパネルディスカッション、ゲストを囲む会を予定しています。どうぞ奮ってご参加いただきますようお願いいたします。(参加無料=要申し込み。予定は一部変更になる場合があります)

FIJ設立記念ファクトチェック・シンポジウム概要

◇日時 2018年4月22日(日) 12:30開場、13:00〜18:00
◇場所 早稲田大学早稲田キャンパス 国際会議場 井深大記念ホール(東京都新宿区西早稲田1-20-14、地図
◇参加無料(申込フォーム
◇プログラム
●開会あいさつ(瀬川至朗理事長、早稲田大学政治経済学術院教授)
第1部 基調講演「トランプ政権とメディア〜ファクトチェッカーが対峙する『フェイクニュース問題』」<同時通訳>
 講演者:アーロン・シャロックマン(PolitiFact事務局長)
 モデレーター:立岩陽一郎(ニュースのタネ編集長)
第2部 セッション:日本のファクトチェック最前線
 (1)ネットメディアの実践 古田大輔(BuzzFeed Japan編集長)
 (2)新聞社の実践 林尚行(朝日新聞政治部次長)
 (3)教育現場の実践 坂本旬(法政大学教授)
 (4)テクノロジー支援と市民参加の可能性 乾健太郎(東北大学大学院教授)
    /楊井人文(FIJ事務局長)
 モデレーター:下村健一(白鴎大学客員教授)
第3部  パネルディスカッション<同時通訳>
パネリスト:アーロン・シャロックマン、林尚行、下村健一、楊井人文
モデレーター:小島慶子(エッセイスト、朝日新聞パブリックエディター)

◇共同主催 FIJ、早稲田大学ジャーナリズム大学院
◇後援 早稲田大学メディア文化研究所、スマートニュース株式会社、法政大学図書館司書課程、認定NPO法人アイ・アジア(ニュースのタネ)、一般社団法人日本報道検証機構(GoHoo)、NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)、Japan In-depth

ゲストを囲む会&FIJ設立記念パーティ

◇日時 2018年4月22日(日) 18:15〜19:45
◇場所 早稲田大学 国際会議場3F 第2会議室
◇参加 申込フォームより