瀬川 至朗

Name SEGAWA, Shiro
氏名 瀬川 至朗
  早稲田大学政治経済学術院教授
ジャーナリズムコース プログラム・マネージャー
元毎日新聞編集局次長
専門分野

ジャーナリズム研究

メディア産業論

環境ジャーナリズム

科学技術ジャーナリズム

担当科目

報道現場論A、報道現場論B、ジャーナリズムと公共、メディア産業論、地球環境問題と持続可能な社会、インターンシップ、ジャーナリズム専門研究セミナー、マスタープロジェクト

略歴

1954年 岡山市生まれ 

1977年 東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学)卒 

            東京大学大学院工学系研究科中退 

1978年 毎日新聞社入社

      社会部、科学部、外信部、ワシントン支局などで記者活動。

      その後科学環境部デスク、同部長、編集局次長、水と緑の地球環境本部長

      論説委員

2005年 千葉大学文学部非常勤講師(~2009)

2006年 早稲田大学MAJESTy客員教授(~2007年)

2008年 早稲田大学政治経済学術院教授  政治学研究科ジャーナリズムコース プログラム・マネージャー(現在に至る)

現在の活動や
関心のあるテーマ

ジャーナリズムの使命と倫理 ジャーナリズム教育 ジャーナリズム起業論 NPOジャーナリズム 調査報道 震災報道 原発報道 地球環境問題 科学者と軍事研究
過去の業績

(単著)

『心臓移植の現場』(1988年)

『カードの科学』(1993年)

『健康食品ノート』(2002年)

(編著)

『英和・和英エコロジー用語辞典』(2010年)

(共著)

『大学病院ってなんだ』(1994年)

『アジア30億人の爆発』(1996年)

『理系白書』(2003年)

『理系白書2』(2007年)

『ジャーナリズムは科学技術とどう向き合うか』(2009年)など。

「劣化ウラン弾報道」のチーム取材で1998年のJCJ奨励賞受賞

学生に一言 Jスクール入学は、ジャーナリストへの道の第一歩に過ぎません。大切なのは君たちの積極性と行動力です。カリキュラムを活用し、洪水のように押し寄せる情報に決して騙されない、真のジャーナリストの眼を鍛えてください。(プログラム・マネージャーの挨拶も参照のこと)
研究者データベース  
WEBサイト等 研究室 3号館1316号室  電話03-5286-3995